果樹栽培に適した冷涼な気候風土の北海道はフルーツの宝庫! 消費者の皆様へ「良質」で「味の良い」、「安全」な果実をお届けします!

北海道でできる「その他小果樹」の品種紹介

ハスカップ

ハスカップ
北海道の高山帯、湿原、原野に自生しているスイカズラ科の小果樹。名前の由来はアイヌ語のハシカップ(枝の上にあるものの意)。古来から不老長寿の妙薬として知られ、近年、ビタミンAや鉄分を多く含む機能性食品として注目を集めています。収穫期は6月下旬〜7月中旬で、生食のほか、ジャムやシロップなどの加工品としても利用されています。

ブルーベリー

ブルーベリー
ツツジ科の小果樹で、北米の泥炭地果樹として広く栽培されています。北海道自生のシャクナゲやコケモモに近い植物です。収穫期は早い品種で7月下旬から、遅い品種では9月の中旬までとなっています。話題のアントシアニン色素の含有量が多く、目の疲労回復に効果があるなど、機能性食品として注目されています。

アロニア

アロニア
北米産のバラ科の小果樹で、実の形がナナカマドと似ており、濃い紫色をしていることから、ロシアでは「黒いナナカマド」と呼ばれています。高い機能性成分が含まれていることで注目を集めています。収穫期は9月上旬から。主にジャムやアイスクリームなど加工品に利用されています。

北海道でできる果物の品種紹介