果樹栽培に適した冷涼な気候風土の北海道はフルーツの宝庫! 消費者の皆様へ「良質」で「味の良い」、「安全」な果実をお届けします!

協会の事業紹介

北海道果樹協会は、明治の初期に日本で初めて北海道に「りんご」が植えられてから130年もの長い歴史とともに、果実を作る生産者の団体として活動しています。

道内13支部、約700戸の果樹農家で構成されており、主に研修活動や新品種の導入、消費者との交流会を実施しています。また、青年部も組織され、担い手の育成にも力を注いでいます。

■研修活動

整枝せん定講習会
1~3月 各支部ごと
栽培技術研修会
夏 産地で全道レベルで実施
青年部研修会
夏冬2回 経営や農薬についてなどを勉強

■消費者との交流

PR試食宣伝即売会の開催

北海道でできる果物の品種紹介