果樹栽培に適した冷涼な気候風土の北海道はフルーツの宝庫! 消費者の皆様へ「良質」で「味の良い」、「安全」な果実をお届けします!

クリーン農業について

冷涼な気候が病害虫をあまり寄せつけないため、北海道では、これまでも化学農薬の使用は最低限に抑えられてきました。

ー そこからさらに化学農薬・化学肥料の使用量を減らした人と自然にやさしい農業 ー

YES!cleanそれが1歩進んだ北海道独自のクリーン農業です。

自然の持つ循環機能を活かすことにより、環境との調和に配慮した安全・安心、品質の高い農産物を生産します。

●その農産物は北海道安心ラベル「 YES!clean 」マークが目印です。

●道内では延べ244集団(うち果樹関係10集団)が登録されています。

■どうやって減らすの?

<もっと化学肥料を減らす>

たい肥を使っての土壌改善を行い、健康な土づくりを行います。また、たい肥や有機質肥料を使用して、減・無化学肥料栽培を行います。

<もっと化学農薬を減らす>

きめ細かな観察により病害虫の発生動向を確実に把握し、最小限の適切な防除を実施します。性フェロモンを発生させる農薬(コンフューザー)を使用して、害虫の交尾を阻害することにより害虫の発生を抑えます。

YES!clean についての詳しい情報はホームページをご覧ください。
http://www.agri-clean.gr.jp/yesclean/

■ほかにもこんな人たちがいます。

エコファーマーロゴマーク<エコファーマー>

「環境に配慮した農業生産方式の導入の促進による法律」に基づき、都道府県知事が認定した農業者のことです。減農薬・無化学肥料・たい肥などによる土づくりを実践し、環境と調和の取れた農業方式を導入する農業者の愛称です。
北海道では平成17年度まででは、1,205名(うち果樹農業者158名)が認定されています。

エコファーマーロゴマーク→

※エコファーマーについては、「農林水産省環境保全型農業対策室のホームページ」で詳細をご覧いただけます。

北海道でできる果物の品種紹介