果樹栽培に適した冷涼な気候風土の北海道はフルーツの宝庫! 消費者の皆様へ「良質」で「味の良い」、「安全」な果実をお届けします!

北海道でできる「さくらんぼ」の品種紹介

佐藤錦

佐藤錦
[来歴]
1912年、山形県の佐藤栄助氏が育成。日本でいちばん多く栽培されている品種。
[特徴]
果実は短心臓形で大きく、色は黄色地に鮮やかな紅色がつく。肉質はち密で甘みが多く、食味がよい。
[収穫]
6月下旬〜7月上旬

水門(北光)

水門(北光)
[来歴]
明治時代、小樽市の藤野園で発見。北海道でも古くから親しまれてきた品種。1911年に命名。
[特徴]
果実は短心臓形で大きく、尻がややとがっているのが特徴。色は黄色地に赤色がつく。果肉はやわらかく、甘みが多いが酸味もある。雨による裂果が少ない。
[収穫]
7月上旬〜中旬

紅秀峰(べにしゅうほう)

紅秀峰(べにしゅうほう)
[来歴]
親は「佐藤錦」と「天香錦」で、山形県立園芸試験場が1979年に交配。1991年に種苗登録。
[特徴]
果実は扁円形で大きく、色は黄色地が赤く着色する。果肉はかたく、ち密で、糖度が高く、食味は非常に良い。
[収穫]
7月中旬

南陽

南陽
[来歴]
山形県立園芸試験場で育成。母親は「ナポレオン」で父親は不明。1978年、種苗登録。山形県ではあまり栽培されなかったが、北海道では着色が良く、食味も良いことから、1988年、優良品種に認定された。
[特徴]
果実は短心臓形で大きく、色は黄色面に陽の当たった部分が赤くなる。果実が8〜10 g 程度と大きく、肉質はち密でジューシー、甘みもたっぷり。市場の評価も高く、北海道さくらんぼのエースとして期待されている。
[収穫]
7月中旬〜下旬

ナポレオン

ナポレオン
[来歴]
明治時代、開拓使が導入した品種。
[特徴]
果実は長心臓形で黄色地が赤く染まり、赤点が入る。食味は濃厚で、「南陽」よりは酸味が強い。雨による裂果が多い。
[収穫]
7月中旬〜下旬

ゴールドキング

ゴールドキング
[来歴]
戦後、仁木町で発見された品種。
[特徴]
果実は円形から短心臓形。果肉はしまっていて、食味がよい。
[収穫]
7月中旬〜下旬

ジューンブライト

ジューンブライト
[来歴]
北海道立中央農業試験場で育成。母親は「南陽」で父親は不明。2005年優良品種に認定された。
[特徴]
佐藤錦」より早く収穫できる品種としては非常に大玉。甘味はやや少ないが、果汁は多くジューシーである。「北光」並みに寒さに強い。ほとんどの品種と交配可能で、受粉樹としても利用できる。
[収穫]
6月下旬

北海道でできる果物の品種紹介