果樹栽培に適した冷涼な気候風土の北海道はフルーツの宝庫! 消費者の皆様へ「良質」で「味の良い」、「安全」な果実をお届けします!

北海道でできる「ぶどう」の品種紹介

生食用

バッファロー

バッファロー(アーリースチューベン)
[来歴]
別名「アーリースチューベン」。親は「ハーバート」と「ワトキンス」。アメリカ原産。1966年北海道優良品種。
[特徴]
黒色生食用品種。ジベレリン処理で種なしになり、果粒は卵形で5g程度。糖度が高く、食味が濃厚。
[収穫]
9月上旬〜中旬(ハウス:8月中旬〜下旬)

旅路(紅塩谷)

旅路(紅塩谷)
[来歴]
古くから小樽などで栽培されていたが、詳細は不明。
[特徴]
赤色生食用品種。ジベレリン処理により種なしになる。種なし果の果皮にはグーズベリー状の特徴的なしま模様がある。
[収穫]
9月中旬〜下旬

ノースブラック

ノースブラック
[来歴]
親は「セネカ」と「キャンベルアーリー」。果樹試験場安芸津支場が寒冷地向け品種として育成し、1990年種苗登録。1992年北海道優良品種。
[特徴]
黒色生食用品種。果粒は5g程度。種の周辺の酸味が少ないため、酸味をあまり感じない。
[収穫]
9月中旬〜下旬

生食用

ノースレッド

ノースレッド
[来歴]
親は「セネカ」と「キャンベルアーリー」。果樹試験場安芸津支場が寒冷地向け品種として育成し、1990年種苗登録。1991年北海道優良品種。
[特徴]
赤色生食用品種。果粒は4g程度。糖度は18%と高く、食味がよい。
[収穫]
9月中旬〜下旬

デラウエア

デラウエア
[来歴]
アメリカで発見された偶発実生。
[特徴]
赤色生食用品種。通常ジベレリン処理により種なしにする。果粒は小さいが、特徴的な香気があり、人気がある。
[収穫]
9月中旬〜下旬

ポートランド

ポートランド
[来歴]
親は「チャンピオン」と「ルテー」。アメリカ原産。1973年北海道優良品種。
[特徴]
白色生食用品種。甘みが多くジューシーで香りが強い。
[収穫]
9月下旬

生食用

キャンベルアーリー

キャンベルアーリー
[来歴]
親は「ムーアアーリー」と「ベルビレーデ×マスカットハンブルグ」。アメリカ原産。1897年に導入された。
[特徴]
黒色生食用品種。果房は大きく、果粒は6g程度。極めて豊産性。糖度は16%、酸はやや多い。昔から「黒ぶどう」と親しまれる品種。
[収穫]
9月下旬〜10月下旬

生食・醸造用

ナイヤガラ

ナイヤガラ
[来歴]
親は「コンコード」と「キャサディ」。アメリカ原産。1892年に導入された。
[特徴]
白色生食用品種。完熟し、果皮色が黄色みがかったものは特有の芳香があり、食味がよい。醸造用にも使われる。
[収穫]
10月中旬〜下旬

醸造用

セイベル13053

セイベル13053
[来歴]
フランスでセイベル氏が交配した品種群のひとつ。親は「セイベル7042」と「セイベル5409」。1981年北海道優良品種。
[特徴]
赤ワイン用醸造専用品種。耐寒性が強く、安定した収量をあげることができる。
[収穫]
9月下旬〜10月上旬

醸造用

セイベル5279

セイベル5279
[来歴]
フランスでセイベル氏が交配した品種群のひとつ。親は「セイベル788」と「セイベル29」。1981年北海道優良品種。
[特徴]
白ワイン用醸造専用品種。耐寒性が強く、安定した収量をあげることができる。
[収穫]
9月下旬〜10月上旬

ツバイゲルトレーベ

ツバイゲルトレーベ
[来歴]
親は「リンベルガー」と「サン・ローラン」。オーストリア原産。1981年北海道優良品種。
[特徴]
赤ワイン用醸造専用品種。赤ワインとしては繊細で軽い酒質になる。
[収穫]
10月上旬

ミュラートルガウ

ミュラートルガウ
[来歴]
親は「リースリング」と「シルバーナー」といわれてきたが、「リースリング」と「マドレーヌロイヤル」との説もある。ドイツで交配され、スイスで選抜された。1981年北海道優良品種。
[特徴]
白ワイン用醸造専用品種。香りが華やかで、さわやかな酸味のある軽快なワインになる。
[収穫]
10月下旬

醸造用

ケルナー

ケルナー
[来歴]
親は「トロリンガー」と「リースリング」。ドイツ原産。
[特徴]
白ワイン用醸造専用品種。マスカットに似た香気があり、ワインは果実香とさわやかな酸味が特徴的。
[収穫]
10月中旬

北海道でできる果物の品種紹介